Comet YxlonのX線技術は、小さな電気機械部品から巨大な航空機エンジンまで、部品の内部構造を破壊することなく可視化するために使用されています。

製品の品質を管理する

完璧な品質保証は、ビジネス成長の鍵です。X線技術を用いた非破壊検査(NDT)は、メーカーが最高の品質、信頼性、安全性を保証し、製品のリコール、生産停止、ダウンタイムを回避するのに役立ちます。Comet Yxlonのシステムは、X線検査を非常に便利で迅速、かつコスト効率よく行うことができます。

工業用X線は次のような用途に使われています。

  • 初品検査
  • 品質保証および材料分析
  • 故障解析 (例:キズ、巣穴、クラック、介在物等)
  • 組立検査
  • 外装および内装構造の測定
  • サンプル検査、少量生産検査、全数検査
  • 工程管理

ほぼすべてのサイズの部品を高速かつ効率的に検査することができます。

Comet Yxlonの工業用X線システムで検査できる対象は、半導体産業のマイクロメートル単位の部品から自動車の完成品エンジンまで、非常に多岐にわたります。

緻密なパーツの内部を力強く見る

工業用X線は、医療用X線に比べ、放射線吸収密度が高いため、強いエネルギーで照射されます。非破壊検査用のComet Yxlonのシステムは、20 kVから600 kVまでのエネルギー範囲に対応しています。

工業用X線の仕組みは?

現代の工業用X線は、検査対象物の他に、基本的にX線源とX線検出器が必要です。X線源は、焦点から放射線を円錐状に放出し、対象物を通過させます。このX線は、1Dのライン検出器アレイ(LDA)または2Dフラットパネル検出器(デジタル検出器アレイ、DDA)で拾われます。

正しい焦点:ミニ、メゾ、マイクロ、ナノフォーカス

焦点の大きさによって、ミニ、メソ、マイクロ、ナノフォーカスと呼ばれるさまざまなX線源があります。高いX線源線量パワーと高効率検出器を備えた最新のComet Yxlonのシステムは、ビデオに匹敵する超高速イメージングを可能にします。

共同作業によるイノベーション:CTScan 3

お客様との密接な交流と市場動向への鋭い眼差しが、Comet Yxlonの技術革新の原動力となっています。その一例です。高密度の物質を検査する高エネルギーアプリケーションで発生する散乱X線に対応する検出器の必要性にヒントを得て、Comet Yxlonは、解像度と安定性の点で比類なきライン検出器アレイ(LDA)、CTScan 3を開発しました。

最新の検出器モデルで業界に先駆ける

Comet Yxlon社は、デジタルフラットパネル検出器の主要メーカーと長年にわたって関係を築いているため、新しいモデルをいち早くテストし、最新の検出器をいち早くX線透視システムに組み込むことができます。

Geminy:強力なCT技術と画像拡張機能

Comet YxlonのソフトウェアGeminyは、すべてのワークフローに対応するシングルユーザインタフェースとして、自動化、ウィザード、プリセットにより、検査工程をスムーズにガイドします。さらに、強力なCT技術により、最適な部品サイズのスペクトラム、スピード、画質を実現します。また、ソフトウェアフィルタにより、典型的なアーチファクトを低減、あるいは除去し、信頼性の高い検査結果と高品質なデータを実現します。

散乱放射線を低減するコリメーター

細部や潜在的な欠陥を確実に検出するためには、最高の解像度で鮮やかな高コントラスト画像が要求されます。アパーチャー(コリメーター)は放射線源の出射窓の前に設置され、スキャン中に放射線を束ね、特にファンビームCTでは邪魔な散乱線を低減させることができます。

X-ray, CT, 2D, 3D – what’s the difference?

In a nutshell: While the term “industrial X-ray” refers to the classical fluoroscopic process of generating two-dimensional (2D) images of a component, industrial computed tomography (CT) is the digital X-ray method that combines 2D image slices to create a three-dimensional (3D) model.

How safe is industrial X-ray?

For safe radiation protection, X-ray systems are designed with a lead radiation-tight enclosure or are installed in a radiation protection bunker. Special fuse circuits prevent the system from being opened while the X-ray is active.

X線とCTを超える:コンピュータ・ラミノグラフィー

航空機のドアなど、X線装置で回転させることができない平らな部品や、ラミノグラフィがCTよりはるかに高速な平板マイクロチップには、コンピュータ・ラミノグラフィが使用されています。