電気自動車(EV)に使用される電池セルなどの非常に複雑で繊細、かつ高価な部品には、安全性と性能を確保するためにCTなどの最新の試験方法が必要です。

電気自動車検査の課題にCTで対応

急速に発展する産業分野である Eモビリティは、その幅広い品質管理アプリケーションのために、先進的で将来を見据えた検査技術を必要としています。Comet Yxlonは、大手自動車メーカーと協力し、効率的で信頼性の高いCT検査のための新しいソリューションの研究開発を続けています。アプリケーションには、バッテリー、電気モーター、Eモビリティ専用の鋳造品、そして車両重量とトルクの増加により高いストレスと摩耗にさらされるタイヤなどのパーツの品質保証が含まれます。

電気自動車の心臓部であるバッテリーを検査する

電気自動車では、バッテリーの性能が自動車全体の信頼性、航続距離、寿命に重要な影響を及ぼします。Comet YxlonのCTシステムによるCT検査は、自動車メーカーと電池セルメーカーの双方に、信頼性の高い高精度な検査データを提供し、大量生産時のスクラップ削減などに貢献しています。コンピュータ断層撮影は、バッテリーセルの原材料、個々のセル、モジュールにパッケージされたセル、バッテリーシステムやバッテリーパックに接続されたモジュールの検査に使用されます。

電池セルの品質保証の効率化

細胞生産における主な課題の一つは、高いスクラップ率です。これは大きなコスト問題であるため、さらなる処理を行う前に欠陥のあるセルを検出することが重要です。Comet YxlonのCT検査システムは、非破壊品質保証と計測アプリケーションのための幅広い技術をカバーしています。これには、正極/負極のオーバーハング測定や、電池セルで最も重要な欠陥の種類である汚染や介在物の検査が含まれます。

電池モジュールの信頼性の高いCT検査

部品と接合部の公差が非常に狭く、接触溶接の特殊な要件もあるため、バッテリーセルを積み重ねてバッテリーモジュールを製造することは困難な作業とされています。Comet Yxlonのシステムを使用したCT(コンピュータ断層検査)では、セルスタックの向き、ハウジング溶接部、セル接続溶接部、タブ溶接の品質評価において、正確な検査結果を得ることができます。さらに、Comet Yxlonのラミノグラフィーを使用すれば、すでにモジュールに取り付けられているセルのオーバーハングを測定することも可能です。

CTによるバッテリーシステムおよびパックのテスト

バッテリーモジュールを組み立ててバッテリーシステムを構成する際、通常は金属鋳造部品であるシステムハウジングに接続され、冷却の役割を担います。Comet YxlonのCT検査システムにより、メーカーは吸熱の機能を持つハウジングへのバッテリーモジュールの接続をチェックし、すべてのコンポーネントが完全に機能していることを確認することができます。

Dragonflyディープラーニングを活用した 、Battery Insightsによるスマートな検査。

セグメンテーションから自動オーバーハング測定まで – 当社の新しいDragonflyバッテリーソフトウェアパッケージであるBattery Insightsによって、バッテリーのCT検査をこれまでないほど簡単、高速、効率的に行うことができます。革新的なDragonflyバッテリーソリューションは、専門家が訓練したディープラーニング(DL)モデルに基づいており、お客様の厳密な要件に合わせてカスタマイズされます。仕様に合わせて構築されたAI搭載パッケージは、測定と評価を正確に実行し、個別のニーズに応じた詳細なレポートを提供します。バッテリー検査からオペレーターのバイアスを排除し、お客様の仕様に合わせたターンキーソリューションの恩恵を受け、Dragonflyでスマートオートメーションのパワーを引き出しましょう!

外部コンテンツ

This is a Youtube video.
To be able to watch, you need to accept Marketing Cookies.

同意の管理

I agree with external content being displayed to me. Personal data may be transmitted to third-party platforms. More Information - Data protection

ローターやヘアピンステーターのスキャンに威力を発揮するCTシステム

ローターとステーターの検査は、電気モーターの品質検査において最も重要なアプリケーションであり、特にヘアピンの溶接接合部の付着面積と総気孔体積の測定が必要です。Comet Yxlon社はこの課題に取り組み、優れた分解能を持つFF35 CTとメソフォーカス管を備えたアットラインシステムを改良し、鋳造工場に正確な品質検査データを供給しています。

新技術と新ソリューション:Eモビリティに特化した鋳造部品

革新的なエレクトロモビリティ産業では、新しい部品が機能性と安全性を確保するために新しい試験方法を必要とすることがあります。例えば、電気モーター、バッテリーシステム、インバーター用のアルミ鋳造ハウジングです。これらは一体型の水冷システムを備えているため、エンジンシステムの高電流・高電圧を考慮すると、漏れに対する気密性が安全性において極めて重要な役割を果たします。また、X線検査やCTスキャンにより、すべての流路が冷却液に対して開放されているかどうかを確認することができます。

Geminy

One user interface for all tasks

Learn more

Life Cycle Service

Ready when and where you need us

Learn more